読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡汁日誌

じわっとしみでる凡人の汁。食べ物、芝居関係が多くなるかと。

161219 金沢ミーティング

とはい仕事をして金沢に。

 

途中で大ポカに気づく。

てかまじでクソだな。

 

すごく疲れていてもうそのまま溶けてしまいたかったけど

いろいろ自分に理由をつけて駅まではいく。

f:id:bon-juice:20161219220509j:image

寿司屋。

苦手。

だけど頑張った。

頑張った結果8000円を超えた。

ビール一杯600円を超えてる店やから

まあ推してはかるべきか。

写真は2000円。

ビール一杯+日本酒2杯(これで2500円くらい)

子持ち昆布900円

ホタルイカの沖漬け500円くらい

寿司8貫ぐらいで3000円?

あー、うむ。

 

大将がすごいのが、英語ペラペラだったこと。

隣にアジアの観光客が来たんだけど普通に英語でコミュニケーション取っていた。

しゃがれ声のおっさんやったんやけど。

これってすごくない?

 

おっちゃんは、仕事(寿司をにぎる)間をぬって

英語をべんきょうしたんだよな、多分。

それって、投資というか、仕事といえば仕事なんやろうけど

接客のプロとしてのマッチョな精神を感じます。

そのコストを客全員でシェアしているわけですよね。

客一人一人はインターナショナルではないかも知れないけど。

と思うことにした。

高くても美味しかったからいいや。

(6000円ぐらいにおさめればよりうれしいが)。

 

f:id:bon-juice:20161219221219j:image

とはいえ実はおなかいっぱいにならず

駅の逆側にあるバーに。

 

ええバーやった。

スパークリング

ラフロイグソーダ割り

カリラロック

ブルーチーズとくるみのカナッペ

で4000。

まずまず。

スパークリングどこのかわからなかったけど

辛めでかおりゆたかで美味しかった。

 

けど、マスター無口すぎ。

多分「はい」しか聞いてない。

あと金額。

まあ、ええねんけどね。

 

いろいろ考えたよ。

・二階で(店は二階建て)エロいことしてる途中だった

・スパークリングを注文したが、新品を開けることになりイラついた

・めちゃめちゃ寝起きが悪い

・僕の服のコーディネートが嫌い

・酒の頼み方が気にくわない

・俺が嫌い

 

店の雰囲気はめちゃめちゃよくていいし

飯もうまかったけど

多分喋らない人なんだと思う。

 

お酒も料理も好きだけど、喋りは好きじゃない人がやってるバー。

それもいいよね。

 

 

寿司屋では、しゃがれ声の大将が英語でコミュニケーションをとって

美味い魚を割と高めに提供している

バーでは、無口で無愛想なマスターが美味い酒と肴をただただサーブする

 

僕はどのような態度でなにを提供するのか。

誰に対してどのような態度が実は誠実なのか

なかなか考えさせられれる夜でした。

 

あー、うまかった