読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

凡汁日誌

じわっとしみでる凡人の汁。食べ物、芝居関係が多くなるかと。

160611 変身インタビュアーの憂鬱

朝から遠方に取材。

はっきり言っていまいち。

 

お昼一緒したかったけどふられる。

一人でカレー。フジタ?フジヤ?に。

f:id:bon-juice:20160612080239j:image

鶏肉がトロトロでうまかった。

 

帰宅し変身インタビュアーの憂鬱を一気見。

 

変身インタビュアーの憂鬱 DVD BOX
 

 

最近は30分ドラマが多くて

多分お金集めやすいのと

実験的なことできるのでいいんやろうけど

少し物足りない気がする。

 

本作もいろいろ広げた割には

広げたままになってる。

いや、広げたままはええねんけど

むしろ広げるそぶりをして広げようともしていない気がする。

その断片的な感じは

全てを知ることができないという

人の限界を語っているにしても

その説明自体が少し言い訳じみている気がする。

 

それよりも何よりも小ネタが生かしきれてないのがなー。寂しい。

 

とはいえ、その世界観や嘘と現実がぐりっとなる感じ、曖昧さなどは後半になるほど滲み出てきて面白かった。

前半ドライブしなかったのはギャグのキレが悪かったからかと。木村文乃は服可愛かったけどコメディエンヌとしてはもう一息やなー。

 

ギャグとしての不条理と非ギャグの不条理の境目も曖昧になってきて、ますます三木聡はわかりにくくなってますが(とは言いながらこの話は相当わかりやすかった)

わかりにくい作品大切なので頑張ってほしい。

 

そのおこだわり、私にもくれよ

は面白いなー。

こちらも、オーディエンスの引いてる境界線のあたりであっち行ったりこっち行ったりするから揺さぶられるよね。

何見てるんやろ、みたいな。

 

明日も仕事……。