凡汁日誌

じわっとしみでる凡人の汁。食べ物、芝居関係が多くなるかと。

170307 デザイン打ち合わせ

体調悪い。

撮影は楽しかった。ありがたやー。

 

午後はデザイン打ち合わせ。

デザイン打ち合わせ楽しいなー。

チラシそれとかやとどれくらい時間かかるもんなんやろうか。

時間かかる感じがよくわからん。

 

小林さんとも話しできてよかった。

 

 

体調悪いのひっそり隠してかとうさんと飯。

フクモリでコーヒー飲んで打ち合わせ。

その後北出食堂に。

 

なかなか美味かった。

今度佐々木さんやら連れて行こう。

 

 

170306 なにしてたかな

どこ行ってたかもわすれかけてた。

久々に川瀬さんにお会いした。

 

体調わるいな。

 

埼玉寄って帰社して残業。

 

アイロンを当てて寝る

170305 TURN FES

去年覗かなかったので覗いてきた。

 

気持ちが沈んでたからかもしれないけど

前半はいるのがしんどかった。

入り口でやってたトークショーのせいかもしれない。

傘さしてあるいて少しおちつく。

傘はパーソナルスペースなのか。場所、が明確になるしね。

 

どの取組みがというより、それぞれの作業所などのことが書かれてあるのがよかった。

いろいろな場所があるんやな。

ミカちゃん向きの場所もありそうな気がする。

 

とはいえこの取組みを見るときには注意が必要で、こんな人もこうなんだ、みたいな感じだと、感動ポルノに流れてしまう。

表現の主体として一人の人がいるということ、その表現のアンプとしてアーティストがいること、という関係が大事なのではないだろうか。

さらにいえばメディアとしてのアーティスト、表現。

カテゴリーとしての相手ではなく、一人の人間として相手をみること。

 

展示は嚥下の話とかこども会議みたいなものもあって何でもかんでも障がい者ってもんでもなかったので、自分と他者との関係性の再構築が重要なんだと思う。

 

こういうのは助成があってはじめて成り立つものなのでとてもよいことだと思った。

おしむらくは東京でしかやらないことか。

とはいえ、人口の1割も人のいる東京が変われば、日本は変わるかもしれない、とも思う。

人口の1割を変えるために、特化しすぎないこともまた重要。のちのちの汎用性を考えてやることが必要ではないか。

 

傘の展示は、そういえば、岡山やったなー。岡山でもやればいいのにね。

 

 

170304 ケーオン

たつかわさんが東京来られるのでご飯を。

かんさんとげーさんと。下北沢で。

楽しかった。

何度目かのエレベ欲しい欲。欲しい欲ってすげー字面やな。なんやこのことば。

 

関係ない文脈でなにレンジャーかという話に。

僕も青か緑かって感じで、決して赤ではない。

赤じゃないのに赤やらなあかんのって

みんな苦労するよね。

赤レンジャーになれる本、とかないかな。

 

帰宅時にメールで沖縄の件が目に入り憤慨するもだめだ。すでに赤レンジャーの資質を失っている。

 

 

270301-03 覚えてない

気がつけば6日の朝。

毎日撮影行ってたことしか覚えてない。

素敵な授業の数々であったことは確かです。

 

直帰したりしてたのでそんなに働きまくった記憶はないけど。

 

 

270228 足跡姫

足跡姫 | NODA・MAP 第21回公演

 

東京藝術劇場。

休憩ありの2130終了。いつもよりは少し長めか。

作・演出:野田秀樹

出演

宮沢りえ 妻夫木聡 古田新太 佐藤隆太 鈴木杏 池谷のぶえ 中村扇雀 野田秀樹

 

秋草瑠衣子 秋山遊楽 石川朝日 石川詩織 大石貴也 上村聡 川原田樹 末冨真由
鷹野梨恵子 手代木花野 土肥麻衣子 西田夏奈子 野口卓磨 野村麻衣 花島令 福島梓
本間健太 前原雅樹 松崎浩太郎 的場祐太 モーガン茉愛羅 吉田知生 吉田朋弘

 

スタッフ

美術/堀尾幸男  照明/服部基 衣裳/ひびのこづえ
作調/田中傳左衛門 サウンドデザイン/原摩利彦 音響/zAk
振付/井手茂太 映像/奥秀太郎 美粧/柘植伊佐夫 舞台監督/瀬﨑将孝

 

 

 

 

ネタバレ。

 

事前情報通りの中村勘三郎への弔辞のような芝居。

歌舞伎のことを知らないので誤解もあると思うけど、歌舞伎としてではなく野田秀樹のストレートプレイとして歌舞伎の様式の中にあるものを入れ込んだ感じ。歌舞伎のような演劇でもなく、演劇のような歌舞伎でもない、佐野研二郎のデザインイメージにあるような、モザイク状になって一つの形になってるような、遺伝子レベルで混ざり合っているような感じ。

 

宮沢りえが主演となっているがラストは妻夫木聡が完全に持っていった。見るたびによくなってる気がする。いーなー妻夫木くん。

連綿と続くものの中に位置付くものとしての自分というものに目を向ける機会になった。

号泣。

 

ストーリーはわりと要素が豊富で逆鱗のようなカタルシスはなかったけど、それもまたモザイクのように「足跡姫」を構成する要素であった。各エピソードの先を語るのは狙いではなく、それらが内包されていることを語るのが目的だから良いと思う。

役者もみなモザイクのようであった。

とはいえ古田新太の謎の色気や池谷のぶえのいるだけで笑える感じはありがたい。

池谷のぶえは透明人間の蒸気のときにもったいないなーと思ってたけど、今回はすごくいきてたなー。いーなー池谷のぶえ

鈴木杏は色々舞台やってるし全く遜色なかったし、佐藤隆太もとてもよかった。

 

宮沢りえはやはり強烈。細いのに力強くて本当格好いい。一幕最後のシーンは最高やったなー。あれを続けざまにやるのはすごいよ。

 

中村扇雀もよかったなー。あの役楽しいやろーなー。

 

今回は野田秀樹も終始元気一杯で、ほんとに全身で演じていた。

 

舞台に立っていた全ての人、立っていなかった全ての人が、中村勘三郎と演劇という肉体の藝術に対して敬意を評し継承する決意を見せていたと思う。